AZUMI ENDO​

遠藤 あずみ

リテールサポート第2グループ

レシピ担当

コンビニの中食惣菜の商品開発を経て、シフラへ入社。

料理すること、食べ物が好き

もともと料理することや、食べることが好きで、栄養士の資格を取得し食に携わる仕事がしたいと思っていました。
そのため前職ではコンビニの中食惣菜の開発担当として勤務し、メニューの試作や商品提案を行っていました。

仕事の幅を広げたい​

商品開発を数年行い、食に関する仕事の幅をもっと広げてみたいと考えていたところ、シフラと出会いました。
はじめは何をしているのか、HP上の情報では理解できませんでしたが、採用担当者と話をしていくうちに食品メーカーや、卸売業ではできないさまざまな業務に携わることができる会社だと思いました。
ここで食に関する幅広い分野の仕事にチャレンジしたい。そう思って入社を決意しました。

考えて考えて、提案する仕事

私が担当する業務は主に2つあります。
1つめは当社が運用、管理を行っているイトーヨーカドーのブランド「顔が見える食品。」の食材を使ったレシピ開発運用の業務です。
昨年の9月にレシピサイトのリニューアルを行いました。どんなサイトにしたら、ブランドの良さが伝わり、お客様の有益な情報を提供できるかをひたすら考えてリニューアルを行いました。そうしてできたサイトは徐々にアクセス数を伸ばすことができ、達成感を感じました。
2つめはイトーヨーカドーの試食販売コーナーの運営チームをサポートする業務です。
はじめは私なんかでサポートできるのか不安でしたが、今は相手のことをよく知ろうとし、どんな提案があれば相手にとってよりよいかを考えメニュー提案などのサポートをするようになりました。

食材の良さを伝えたい

当社ではさまざまな食材を取り扱っています。しかし、ただ売るだけではその良さは伝わりません。
売り方を考えることが、当社の仕事です。私はメニュー提案や動画やブランドサイト、最近ではSNSを使ったPRを行っており、食材の良さをどうお客様に伝えたら、興味を持ち、好きになってもらえるかを考え日々仕事をしています。
食の環境は日々変化しており、お客様のニーズや行動はどんどん変わっていきます。
そんな大きな流れを一握りでもつかみ、当社でしかできないような商品の開発や、PRをすることが私の今の目標です。