日本の食文化を守り、次世代へ伝えていくために。新ブランド『この味をいつまでも』を立ち上げました。

シフラでは、ブランドを、「その商品に関わる人や組織の想いやありかたを反映し、手に取る人にきちんと伝わるもの」と考えています。コロナ禍や経済環境の変化により食品の生産現場にとって厳しい状況の中、食品に携わる企業として、日本

実りの秋に感謝!今年も新米が全社員に配られました。

長野県佐久市にがんも農場という米農家があります。 今年も新米の季節になり、がんも農場で生産されたお米が全社員に配られました。 がんも農場のご主人 黒田祐樹さんは2013年に就農され、特別栽培という方法によりお米を生産して

【私好みのスタイルの花が届く】花BOX × web「植物⽣活」アーティストコラボフラワーが期間限定で発売開始

花の需要喚起を⽬的としたEコマース事業「花BOX」 https://hanabox.shop/ を運営する株式会社シフラ(本社:東京都江東区、代表取締役:⽵熊俊哉)は、2021年8⽉6⽇より、花や植物で⼼を癒すメディア「

新たな事業拠点 四谷オフィス 開設

コロナ禍により変化した取引先や生産者との接点を補強するとともに、消費者視点で着想し最終的な売場での販売をイメージした商品開発の場として、シフラは新たな事業拠点を開設します。 2021年8月にオープンするシフラの四谷オフィ

縦型デジタルサイネージを使って『顔が見える食品。』のブランド訴求を強化

『顔が見える食品。』は、食の安全・安心を追求する取組みとして、2002年よりイトーヨーカドー様で展開している食品のプライベートブランドです。シフラは店頭のデジタルサイネージを活用し、『顔が見える食品。』の生産者紹介や栽培

顔が見える農産物。生産流通推進協議会の設立について

農業就業者の減少・高齢化を中心に日本は多くの「食」の問題を抱えています。現在直面する諸問題に対し、シフラは『顔が見える食品。』の運営を通じて日本国内の農業生産者が消費者のために安心して生産に従事できる生産・流通の基盤作り

東北のお花の詰め合わせ「東北六花」を仙台の専⾨学校の卒業⽣に プレゼント!

株式会社シフラ(本社:東京都江東区、代表取締役:⽵熊俊哉)は、花の需要喚起を⽬的としたEコマース事業「花BOX」において、JA全農とタイアップした商品「東北六花」を東北に校舎を構える仙台スイーツ&カフェ専⾨学校(宮城県仙

全農東北 × 花BOX タイアップ企画 東北の花の詰め合わせ商品 「東北六花」販売開始

株式会社シフラ(本社:東京都江東区、代表取締役:⽵熊俊哉)は、花の需要喚起を⽬的としたEコマース事業「花BOX」において、JA全農との共同企画商品「東北六花」を2020年12⽉1⽇より販売開始いたします。 「東北六花」と

お花の楽しみ⽅を、もっと⾃由に。もっと⾝近に。「花BOX」販売開始

株式会社シフラ(本社:東京都江東区、代表取締役:⽵熊俊哉)は、新たな花の需要喚起を⽬的としたEコマース事業を2020年12⽉1⽇(⽕)よりスタートいたします。 花BOXとは? 花BOXの中⾝は完成した「花束」ではなく、素