「日本の農と食を守る。」

―それが私たちの理念です。

シフラのVISION

私たちシフラは、花卉・農産物・食品事業ベンチャーです。
創業以来、生鮮品や加工食品の生産現場、流通の現場で、
幅広いサービスに携わってきました。
そうした経験から得た価値観を事業の理念に掲げています。

「日本の農と食を守る」

日本の農業や食の特徴は、多様性にある。

複雑な地形とそれがもたらす気候の違い、変化、あるいは四季の移ろい、

それらがもたらす様々な風土が、

その地方の農業や食での繊細な違いを育て、感受性を育み、結果、日本の農業や食を豊かなものにしてきた。

そう考えたとき、日本の農業や食の豊かさを守るために、最も大切なのは

日本のそうした繊細な違い、小さい営みを大切にすることであると気づかされる。

多様性は、小さいもの、細部を大切にしないと保全されない。

守るべきは技能集約型の専業農業やローカルで伝統的な食文化であり、
「農」と「食」が日本の最大の価値であると考えてきました。

農業大国ニッポンになる!

我々が、当座の目標とするのは、この一言。

シフラは、農業大国であることが社会の健全性の基盤だと考えています。

日本の農産物とその成果である食文化を国内や海外に紹介し提供する。
そこで得られる評価、対価を農業基盤の整備に循環させる。
産業としての基盤を保持、保全させ、かつ発展可能な仕組みを作ること。
ただ開放するのではなく、守るべきものは守り、持続可能なカタチで保持する。

これがシフラの目指す農業大国の姿です。

しかし、海外からの圧力、増殖を義務付けられる資本の難しさ

そうしたものから農業を守ることは容易ではありません。

まして、儲かるビジネスに転換することで、

強化し持続可能にしていくことはもっと難しい。

しかし当社には、それを実現するアイディアと技術があります。

日本を農業大国にするための様々な取り組みを世に出していきながら、

派生して生まれてくるビジネスモデルも世に出していきたいと思っています。

VISIONの実現に向けて

私たちのVISIONは、一朝一夕には実現し得ません。

時代の変化とともに次々に新しい課題もうまれてきます。

しかし、変化に対応しうる多様性と柔軟性、求められる技能を社員皆が培うことで、
新しい局面に対峙してきました。

そうしたプロセスの中にこそ価値があるのだと考えています。

借り物ではない、
自分たちの思想と
価値観で行動する

社会的共通資本を大切にする想いが会社の原点であり基盤。

農業や教育、エネルギーや医療等を利潤追求の手段にしたりせず、社会的共通資本として、皆で保全していくことができれば、日本の将来は、決して悲観すべきものではないと考えます。

少しばかり結果の出ている現象を整理し、特徴を上手にネーミングしただけの思考法、見かけや耳ざわりの良さ、感情の劣化に訴求する仕掛けなどではなく、自分達で学習し経験し習得したものの中から、社会に提供する価値あり!と判断したものを基盤として行動する企業でありたいと考えています。

やってみたいアイディアがあれば、経験や年齢によらず社員全員に取り組むチャンスがあります。

新しい要素をサービスに取り入れ、変化をもたらすための活動がビジョン実現に必要不可欠であり、そういった取り組みを継続実行できる土壌そのものが貴重だととらえているからです。
シフラは「仕事を通じて継続的に成長する」組織でありたいと考えています。

経験や年齢は関係ない

世界に出ていく

21世紀はユーラシア大陸の時代。

当社は国内で培った技術を評価され、7年前から中国四川省成都市でも事業を展開しています。

  • 成都市:四川省の省都。人口1400万人。中国4番目の大都市。
  • 成都希福来科学技術有限公司(2012年設立)

これからは、発展するタイなど東南アジア地区にも、いずれは米国メインランドにも拠点を持ち、日本のユニークな立ち位置と、培った技術をいかした新しい「農と食に関するグローバルビジネス」も立ち上げていきたいと思っています。

シフラの事業

私たちシフラは、創業以来、花卉・生鮮食品・加工食品の流通事業において、様々なサービスを開発してきました。
時代とともに変化するモノと情報のあり方、捉え方、人のかかわり方について、
独自の発想でとらえ、技術を駆使し、当社ならではのソリューションをお届けしてまいります。

シフラの取り組み

事業を通して得られた生実績や取り組みを新しい形に変換して、流通業において必要とされる新しいサービスの創出に取り組んでいます。

1
生産者数

全国の7,000以上の優秀な生産者様と取り組んだ実績が

シフラの生鮮・食品事業の基盤です。

0
つの特許

需要と供給を効率的にマッチングするN対Nマッチングモデルなど、事業を通して得られた知見をいかしたユニークなビジネスモデル、特許を有しています。
データセンターの演算処理能力の向上により、こうした複雑な処理モデルも実用化可能となりつつあり、VISION実現のための、新ビジネスの仕組みに応用していきます。

1
HIGH END GPU枚数

GPU演算に特化したデータセンターを運用しています。何のために?

新たなビジネスには計算力の確保が必要だと考えているからです。ブロックチェーンを用いたサービス実現に向けての実験もしています。

MESSAGE

シフラとは、ラテン語で「ゼロ」という意味です。 また、そこから派生して「暗号」という意味も持ち合わせています。激動する時代の暗号のような課題に取り組み続ける、お客様とともにゼロからサービスを作り上げる。シフラはそんな会社を目指しています。

日本の農と食を守る。

小さなベンチャー企業が掲げるには、大きすぎて壮大とも言えるビジョンです。そんなことに、本気で取り組んでるシフラという企業組織は、いったいどんな人間の集団なのか!?

当社代表より、ご挨拶いたします。

RECRUIT

シフラは他の会社と何が違うのか。シフラで働くことは、あなたのキャリアにどんなことを提供できるのか。
私たちの仕事に対する考え方を、社員と共にご紹介します。

僕たちと一緒に働きませんか?

宮崎県宮崎市田野町

『大根百景』

宮崎にしか存在しない巨大な大根やぐらとそれ巡る人の営みが映し出されています。